So-net無料ブログ作成

これからの1年を… [想い、思う事]

多くのものが姿を変えた1年だったように思える。

平成23年3月11日に起きた東日本大震災
翌日3月12日に起きた
長野県の直下型地震
*3月11日(覚書)
ブログには詳細は書きませんでしたが、この日は進級発表日でした。
2年から3年へ進級出来るか決まる日でもあり、実習先が発表される日でもあるのです。
ギリギリの橋を渡っていた私には進級なんて無理だと思って半ば諦めていました。
掲示板の前に立ち、恐る恐る目をやると進級出来ていたのです。
喜びよりも呆気に取られていました。呆然です。
たまたま通りかかったH先生は、手を取り喜んでくれた。
その先生が言ってくれた言葉は、今でも憶えてる。

進級して心地よい余韻に浸っていた私は、横浜に行こうと思ったのですが、何かが引っ掛かって行くのを思い留まり、帰宅しました。
姉と甥っ子が来ていました。
昼食につけ麺を食べて、部屋で勉強していた時の事
あの大地震です。
随分、揺れるな…と思いましたが、いや長い。何かが変だ!と思い、リビングに様子を見に行ったらテーブルの下に隠れる3人。
私は部屋の机の下に身を寄せた。

暫くして収まると、私はベランダに出た。
信号機が消えてる…
近所の母の友人宅に行き、ロウソクを頂いた。
旦那さんの話では、発電所もストップしているとの事。
一大事なことが起きたのは言うまでもない。
部屋からキャンドルを取り出した。
明かりは、キャンドルと懐中電灯を駆使した。
晩ごはんは、あらかじめ作ってあった煮物と漬物をおかずに食べた。
そして、随時FMヨコハマから地震の情報を取り入れた。

21時前に電気が復旧した。
電気の無い生活がこんなに大変だとは思いもしなかった。
電気が頼れない事が心細くなるものだと学んだ。

進級した以上は実習も“頑張らなければ”と思い、色々とやってきた。
国家試験もそう。
模擬試験や模試を参考に勉強したりした。
どんな時も地震の事が頭を過る。
『もし、“今”地震が起きたら…』
そんな1年だった。

被災地・復興地に何が出来るか?
私に出来る事は、少ない募金や節電位しかないでしょう。
もどかしいけど、仕方ない。
現地の病院で検査なんて、私には出来そうにない。
どう考えても身体が持たない。


この1年、何が出来るか考えながら過ごす事になりそうだ…
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

経験ない故に…学校へ再び ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます